舐め犬FINNのぺろぺろ日記

舐め犬としての活動日誌です。このブログを通して舐め犬に少しでも興味を持って貰えたら嬉しいです!

フリーターUさんのお話

今日は私が虐められた経験を話そうと思います。

あれは去年の夏・・・

※毎回ご奉仕後にちょこっとしたメモ(記録)を取っているのでそれを見ながら書いています。

 

<飼い主さんのプロフィール>

年齢:20代前半
ご職業:フリーター?
舐め犬経験:2、3回

 

<ご奉仕させて頂いた時期・場所・時間>

時期:2016年9月
場所:レンタルルーム
時間:1時間

 

<体験談>

 

この話も仕事終わりに無性に舐めたくなって募集をかけたところから始まります。

メールでは大分気さくな感じで、かつ実際にお会いしてみるとかなり金髪ショートヘアのというギャル要素満開の方でした。

(清楚な感じも好きですがギャル系もかなり好きです><)

 

駅近のレンタルルームで1時間分前払いし、部屋に入るとすぐにお互いシャワーを浴びてご奉仕の開始です、と思ったところ・・・実はこのUさん、パイパンです!!

パイパンが嫌いな舐め犬がいるでしょうか?いや絶対にいないはず!というか舐め犬でなくとも好きでしょう!

 

このUさんかなりエッチな方でベッドに横になった途端、足を広げて舐「早く舐めて!」と言ってきます。その光景を目の前にするともう我慢できず、このときは舐め犬失格かもしれませんがむしゃぶりついてしまいました。

クリと膣内の刺激を15分程続けたころ、「アナルも・・・」と言ってさらに腰を浮かしてこられたので、それまで経験したことがありませんでしたが初めてアナルも舐めさせて頂きました。時々体制を変えて後ろからも舐めながら胸も愛撫します。

計約40分とは言え十分堪能させて頂いたころ、今度は「私からもやらせて」と言われ足で私のアソコをぐりぐりと押してきます。どうやら舐められるのも好きなようですが、男を虐めるのも好きな方のようで、すごく器用だなと思いましたが足の親指と人差し指で私のアレを挟んで上下に動かしてきます。

どんどんスピードが早くなりあっという間に絶頂に達してしまいました。

(※その前にUさんにも逝ってもらいましたよ、念のため)

 

この方とはこの1回きりでしたが、まさか自分が逝かされるとは思っていなく、とても印象に残った経験でした。出来ればまたお会いしたい・・・

繰り返しですがホントにこの時は舐め犬失格でしたねw

 

ではまた次回。