舐め犬FINNのぺろぺろ日記

舐め犬としての活動日誌です。このブログを通して舐め犬に少しでも興味を持って貰えたら嬉しいです!

人妻Yさんのお話

この方はこれまで3回お会いしている定期さんです。こんな私と何度も会って頂けるなんて嬉しい限りです。


<飼い主さんのプロフィール>
年齢:35歳
ご職業:主婦
舐め犬経験:無し(今回が初めて)


<ご奉仕させて頂いた時期・場所・時間>
時期:2016年11月~(継続中)
場所:ホテル
時間:2時間


<体験談>

いつもと同じようにサイトで募集をかけていたとろお返事を下さったのがYさんでした。

メールで数回やり取りさせて頂いた後、実際お会いしてみると小柄な可愛らしい方で、メールで感じた通りとても話しやすい方でした。(私より年上なので可愛らしいというのは失礼かもしれませんが。。。)

 

待ち合わせ場所から移動して少しお話を伺ってみると「子供を保育園に預けている間ドキドキする経験をしたい」ということで、その後もお話してみると色んな格好で舐めてほしいと仰られて結構エッチな方だということが分かりました。

 

そこでまずは明かりを普通につけたままソファーで脚をM字に開いてもらうことにしました。初めて会う見知らぬ人間に対して一番大事な部分を見せるというこの瞬間が何にも変えられなく、舐め犬をやめられない理由の一つです。

当分辞めるつもりはありませんがw

 

すぐに舐めて欲しいとのことでしたが、内ももからそっと舌を這わせて両手で胸を優しくなでます。ただ自分もその光景に興奮してしまって、比較的すぐに足の付け根、そしてアソコの近くへと口を近づけます。

息を吸い込むと女性特有の香りを感じられましたが決して嫌な匂いでは無く、ずっとこのままでいたい気分にさせてくれます。

 

上下にゆっくり大陰唇を舐めていきます。まだ中は舐めず、そのまま小陰唇を口で挟んだり吸ったりを繰り返します。自分はなるべく優しく丁寧に舐めることを心がけているのでじっくり焦らしながら愛撫していきます。

この頃にはYさんが私の頭を掴んでアソコに押し付けてくれるようになってきました。声も大きくなり相当感じてくれているのが分かります。

 

余談ですが当然女性のアソコも色んな形があってお会いする度にワクワク?するのですが、Yさんは大陰唇が大きい方で舐めごたえがありました。少しはみ出しているのも興奮しますね。

 

そのままクリを一舐めすると可愛らしい声で鳴いて下さいました。膣に指を入れ、入口付近のお腹側を優しく擦りながらクリを攻めていきます。これがめちゃくちゃ気持ちいいみたいで私は舐めながら正直羨ましかったです(´∇`)

女性の気持ちよさは男性の何倍も強いって聞くので一体どんなものなのか女性に生まれ変わったら経験してみたいものです。

 

1時間近く一心不乱に舐め続けているとYさんも少しお疲れになったようで、少し休憩を挟んでから今度はベッドでご奉仕することになりました。ベッドでは目隠しをしながら舐められたいというご要望でしたのでタオルを代用して視界を遮断しつつクリを中心にご奉仕します。唾液は必要ないくらい濡れていて目隠し効果は抜群のようです。

 

気持ちよさがピークに達したようで可愛く鳴き声をあげてイッて頂けました。

 

それから30分ほどご奉仕してから一緒にシャワーを浴びました。シャワーから出ても舐めたりず、わがままを言って少しだけ舐めさせて頂きました。

舐めながら今日の感想を聞いたところ途中から最後までしたくてしょうがなかったとのことで、次回は最後までしましょうと約束をしてお別れとなりました。

 

もちろん最後まですることの方が珍しいのですが、お誘いされたら断るわけないですよね( ̄∀ ̄)

 

ではまた次回お会いしましょう!

 

[編集後記]

スマホで記事を書いていますが明らかにパソコンの方がやりやすい。。。

明日から週末まで大阪出張なので次回更新は土日かな。